Where there is a will, there is a way

近年,コンピューターの著しい発達に伴い,数値シミュレーションは科学研究の主力手段として注目されています。科学研究または工学応用において,従来の理論あるいは実験による手法では対応できない難問に対してもコンピュータシミュレーションの威力を発揮できます。

本研究室では,機械・航空関連分野を中心に,様々な流体現象に対し,数値シミュレーションによる研究を行っています。計算スキーム開発の基礎研究から,数値モデルの構築,ハードウェアの活用,実応用に至るまで、多岐にわたる研究課題について幅広く取り組んでいます。ここで現代科学研究において斬新な研究手段である数値シミュレーションの基礎知識を学び,技法やノウハウを身につけるとともに,最先端の研究を目指しましょう。

詳細を確認する

研究室紹介チラシ(PDF)

求められる素質、鍛えられる素質

・チャレンジ精神

・論理的に考える力(ロジックな思考力)

・多少の忍耐力

最近の著書


「計算流体力学」(コロナ)



我々の研究成果の一部をまとめた本です。ぜひ,ご覧ください。


「計算力学シミュレーションハンドブック」〔分担〕(丸善)


最先端のシミュレーションの現状と展望をまとめた書です


「シミュレーション辞典」〔分担〕(コロナ)


シミュレーション学の基礎とそれらの自然科学,工学,社会学におけるアプリケーションを分かりやすく,コンパックとまとめた本です。
「中国人留学生のための理系日本語作文技術 」〔翻訳分担〕(東京工業大学出版会)


専門為中国留学生編写的科技日語写作速成教材。

「数学大辞典」〔分担〕(科学出版社・中国)


最新・最全面的中文数学辞典。